Developer Page for Mac page for iOS page Mail to

 

開発者ページ (2019)

■ 9/26 バージョン2.5.5 アップデート・リリース

iOS / iPadOS13に最適化

■ 7/30 バージョン2.5.4 メンテナンス・アップデート ( iPhone版のみ )

■ 6/29 バージョン2.5.3 アップデート

サンプルパッド時間表示機能追加
ボリュームフェーダーの改良 etc

■ 1/12 バージョン2.5.2 メンテナンス・アップデート

■ 10/8 macOS Catalina サポート状況

■ 7/29 バージョン2.5.3 アップデート

サンプルパッド時間表示機能追加
ボリュームフェーダーカーブのアタッチ etc

■ 4/20 バージョン2.5.2 アップデート

ライト・モード搭載 etc

 
2019/10/08

~ macOS Catalina サポート状況 ~

PlayBacker for Mac シリーズの最新バージョン(2.5.3)は新しいmacOS Catalina (10.15)上で問題なく動作しています。

ご注意)
macOS Catalinaでは32ビットで動作するプログラムは全てオミットされました。外部オーディオインターフェイスやMIDIコントローラーを併用いただいているお客様におかれましては、メーカー対応のご確認を強くお勧めします。

またお使いのOSに関わらずバグリポート、不具合、改善すべき点などございましたらお気軽にお知らせください!


2019/9/26

~ バージョン2.5.5 アップデート・リリース ~

iOS/iPadOS13に最適化しました!

iOS/iPadOS13 に最適化したバージョン2.5.5をリリースしました。今回のアップデートでiOS13シリーズで採用された「ダーク/ライトモード」に対応しています。

■ 外観モード対応

PlayBackerシリーズは本来「ダークモード」がデフォルトのアプリケーションでしたが、iOSの外観モード機能の搭載に伴い「ライトモード」でもご利用いただけるようになりました。iOS13シリーズ上ではapp内環境設定に「外観をシステム設定に追随」設定項目が表示されます。

■ ️ローディング、ファイル操作の改善等

⁃ ミュージックライブラリの楽曲選択(iTunes Library)時、一曲につき複数のトラックが生成されてしまうケースがあった問題を解決しました。

⁃ ファイル選択で生成されたトラックのタイトルを「ファイル名」に固定しました(App Storage、ブラウズ)。ファイル名:メタデータ情報の齟齬による混乱を抑制します。(トラックのタイトルはキューリストモード/パッドリストモード画面を「編集モード」にすることで編集できます。)

■ iPadOS13でのご利用について

iPadOS13では「外部ストレージの認識」が可能になり、USBメモリー等で直接デバイスにファイルをロードできるようになりました。この際、直接USBメモリー上のファイルをロードされますと、appがバックグラウンドに移行した際や接続切れ等で再生品質に問題が発生する場合があります。
「ファイル.app」で「このiPad内 ~ PlayBacker for iOSフォルダ」にファイルをコピーした上でのご利用をお勧めします。


2019/07/30

~ バージョン2.5.4 メンテナンス・アップデート ~

iPhone版のみのアップデートです。

App内課金にて「サンプル・パッド30日間試用」をご購入いただき試用期限が過ぎた際、他の製品の購入処理が出来なくなるバグを修正しました。
ユーザー様には大変ご不便をおかけし、まことに申し訳ありませんでした。


2019/07/29

~ バージョン2.5.3 アップデート ~

サンプル・パッドー時間表示、ボリュームフェーダーのフェーダーカーブアタッチ等に対応しました。

■ サンプル・パッドに時間表示機能を追加

サンプル・パッドの各パッドに時間表示機能を追加しました。経過時間/残時間を表示します。
本機能は「サンプルパッド・メニュー>時間表示」で切り替えできます。

Display Time - SamplePad

■ フェーダーカーブのアタッチ(フル・バージョンのみ)

環境設定>General パートにて、ボリュームフェーダーのフェーダーカーブを設定できます。各タイプはそれぞれ独自のコントロールフィールを持ち、特に下位デジベル値での可動域に差異があります。

Fader Curve

■ パッドリスト上のトラックも一括編集に対応しました。

トラックリスト書類ウィンドウの「バルク・インフォ・エディター」は選択した複数のトラックのプロパティに同一の値を設定できますが、今回「パッドリスト」上のトラックもこの一括編集に対応しました。
トラックを選択した状態で「TrackListメニュー>一括編集…」でアクセスできます。
BulkEdit

■ MIDIトリガーの追加 ( フル・バージョンのみ )

+ SamplePad - volume fader
+ SamplePad - All Stop

■ バグ・フィックス

■ 「環境設定」の「オート・キュー・サーチ」設定が正しく反映されていなかった問題を解決しました。


2019/06/26

〜 バージョン2.5.3 アップデート 〜

PlayBacker for iOSシリーズはバージョン2.5.3にて下記の改良、追加を行いました。

■ ボリューム・フェーダー・カーブをアタッチ

デッキ/サンプル・パッドの各ボリューム・フェーダーに物理フェーダーの操作フィールに近いカーブをアタッチし、特に低db値のコントロールがより詳細に行えるようになりました。
Fader defs

■ サンプル・パッドの改良

■ パッドに時間表記機能を追加

各サンプルパッド・ボタンが時間表示に対応しました。パッド毎にトラックの経過時間/残時間を表示します。また表示/非表示の切り替えボタンを追加装備しています(画面サイズ4インチ以上のデバイスのみ)。
pad

■ トラック・エディターの追加装備

サンプル・パッドでも「トラック・エディター」が利用可能になり、トラックのスタート・ポイントを設定できるようになりました。「パッドリスト・モード」> トラック行の左方向スワイプで「エディター」アクション・ボタンが表示されます。

同時に iPhoneバージョンで「サンプル・パッド」をご利用であれば、「サンプル・パッド」だけではなく「デッキ」でも「トラック・エディター」の使用が可能になります。

 

■ その他インターフェイスの小規模な改変、バグ・フィックス等

アップデートよろしくお願いします。また引き続きご意見ご要望等いつでもお待ちしております!
開発者


2019/04/20

〜 バージョン2.5.2 アップデート 〜

PlayBacker for Macシリーズのバージョン2.5.2には下記の改善、変更が含まれます。

■ プレイヤー

ライト/ダークモード・アピアランスを搭載

macOSには10.14Mojaveより「ダーク・モード」が搭載されましたが、ご存知の通り本アプリケーションは元々暗いブースでの使用を前提として開発されたため’ダーク・モード’がデフォルトでした。しかし、晴天下での視認性を求めるご意見もあり、今回プレイヤー・ウィンドウに逆に「ライト・モード」を搭載し、ユーザー様のご利用状況で変更できる仕様といたしました。
10.14以降のmacOSでは「システム設定に追随」(する/しない)の設定ができ、以前のOSバージョンを含めて「ダーク/ライト」いずれかに固定できます。

ボトム・セル(プレイヤー・ウィンドウ下部)の変更

ボトム・セル(一括)、フェーダー・ユニット、サンプル・パッドそれぞれに開閉ボタンを搭載し、個別に開閉できる仕様に変更しました。必要な機能のみを表示することができます。

「トラックリストに書き出す」機能を搭載

プレイヤーの現在状況をそのままトラックリストに書き出す機能を搭載しました。ライブでのダイナミックなキュー変更を保存することができます。

MIDI : アプリケーション非アクティブ時でもコマンド受信可能に

環境設定:MIDIセクションに「バックグラウンドで有効」オプションを追加しました。他アプリケーションとの併用が可能になります。

■ サンプル・パッド

パッド・キーを水平方向に伸縮できるよう変更

ウィンドウのリサイズに合わせて水平方向に拡大するように変更しました。ボトム・セルの変更と併せ、パッド・タイトルの視認性が格段に向上しました。

■ トラックリスト

パッドリスト・パートに「パッド追加」ボタンを追加(展開時)

トラックリスト・パートと同様に「オープン・パネル」からファイルを選択できるようになりました。選択したファイルは現在空いているパッドに順次アサインされます。

トラック・エディター:キュー設定ボタンをアップデート

現在のキュー状況でキュー設定ボタンを自動的に有効/無効化します。現在のキュー状況がより把握しやすくなりました。

■ バグ修正等

!! (重要)環境設定:MIDIパートのバグを修正しました。

以前のバージョンにて、制御機能に「MIDIノート ナンバー0〜23」を設定しようとするとアプリケーションがクラッシュするバグを解決しました。ユーザー様には大変ご迷惑をおかけいたしました。

!! (重要)複数行のドラッグ&ドロップを再有効化しました。

OSアップデートにて「テーブル・ビューの複数行をドラッグするとエラーが出る」という不具合が解消されましたので、トラックリスト、デッキでの複数行のドラッグ&ドロップを有効化しました。
macOS 10.14では最新バージョンにアップデートの上ご利用ください。10.13以前のバージョンでは本修正の影響はございません。

 

新しいバージョンのPlayBackerシリーズを是非お試しください!


2019/01/12

〜 バージョン2.5.2メンテナンス・アップデート 〜

PlayBacker for iOS シリーズは下記改善を含むバージョン2.5.2にアップデートしました。

#非アクティブ時のトラックチェンジで再生が停止してしまう問題を解決しました。

バージョン2.5〜2.5.1のデッキにてバックグラウンドでの再生中にトラックが変わると、「オート・ポーズ」の設定に関わらず停止してしまう問題を解決しました。

#コントロールセンターの操作コマンドに対するApp側動作の不整合を解決しました。

前バージョンにて「コントロールセンター」やヘッドホン等からの「リモートコントロール」コマンドに対する挙動や表示に不整合がありましたが、本バージョンにて整理、解決しました。
リモートコントロールに対応するイクイップメントは
iPad バージョン:DECK A
iPhone バージョン:DECK
のみとなります。

#一部インターフェイスを改良しました。

 

本年もPlayBackerシリーズをよろしくお願いいたいます!


  2018

©2019 Integral Sound Design
http://www.integralsounddesign.com
Playbacker@integralsounddesign.com